前髪は上げても下げてもOKです。:花嫁の髪型

前髪は上げても下げてもOKです。

額をスッキリ出すとフェイスラインの美しさが強調され美人度がアップします。 hea7.gif すっきりとあげた前髪が凛とした気品を演出する王道アップスタイルです。髪の毛の流れの美しさを生かしたタイトなアップです。ノーブルで凛とした気品が漂う王道ブライズヘアですね。サイドは、ドレスの共布で作ったヘアアクセサリーと生花のバラを右サイドにたっぷりあしらって、前髪は、ポンパドール風にセットします。バックは、全体に大きなカールを描くようにエレガントな雰囲気にまとめます。アクセサリーが引き立つようにトップのボリュームは控えた方が良いでしょう。さて、結婚式の花嫁の髪型としてこのヘアスタイルを選んだ場合、前髪は、上げても下げてもOKです。「オデコ」を見せることに抵抗のある方は、このまま前髪を下げれば良いのです。ただし、気をつけてほしいのは、前髪を下げる度合いです。前髪を完全に下げておでこをすべて隠してしまった場合、このヘアスタイルの良さも隠れてしまうのです。このヘアスタイルは、フロント部分にボリュームを出して「オデコ」を美しく魅せてくれているのです。前髪を下げてもできるだけ額を露出させるようにアレンジしてみてください。前髪をサイドに流してもよいでしょう。清楚で、ノープルな印象を求めるならば、このようにきちんと作るまとめアップが必要になります。このヘアスタイルは 様々なウェディングドレスによく似合います。特に、肩まで露出するタイプのウェディングドレスや和服などにもとってもよく似合います。私が、招待された結婚式でも、このヘアスタイルでまとめられた方が2名いらっしゃいました。お二人とも、前髪は少し下げていましたね。一人は和服でした。本当に和服がよく似合っていましたね♪

ヘアスタイル

Sponsored Link

Sponsored Link

プロフィール

キーワード

訪問ありがとうございます。eriです。

花嫁が素敵な髪型を演出できるように、ヘアスタイルやヘアメイクについての情報を特集いたしました。どうぞ、ごゆっくりご覧くださいませ。

一番の素敵な思い出に残る、そんな結婚式での花嫁のヘアスタイルについて、押さえておかなければならないポイントや、演出方法のノウハウについて整理いたしました。

自分自身を表現できる、そんな髪型にセットすることが大切なのです。

難しく考えることは全くありません。花嫁にしか表現できない「美」を引き出せればOKなのです♪

キーワード

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。